日本基督教団須崎教会附属須崎幼稚園

須崎市で唯一の認可幼稚園として、キリスト教主義による幼児教育を行っています。

TEL:0889-42-0367 〒高知県須崎市東古市町1-8

ニュース

ソーセージ作り

11月2日(金)にめだか・ひばり組(年中・年長児)と保護者の方でソーセージ作りをしました。

最初にお肉以外の野菜をみじん切りにしていきます。今回は、にんじん、玉ねぎ、ピーマンを入れました。

その後、豚肉をミンサーにかけて挽き肉にします。筋が刃にからまってなかなか大変でしたが、挽きたての挽き肉ができました。

挽き肉と、みじん切りにした野菜を合わせ、調味料を入れてよく混ぜます。

その後は、いよいよ腸詰めの作業です。混ぜ合わせたお肉と野菜を絞り袋に入れ、羊腸をかぶせて詰めていきます。

  

力がいる作業ですが、だんだんコツをつかんでくると、順調に進むようになりました。

中身を詰め終わったら、食べやすい大きさにひねっていきます。

20分ほど、70~80度のお湯で茹でで、最後にホットプレートで焼き目をつけたら完成です。

サラダと、パンと一緒にみんなでお昼に食べました。

シンプルな材料で手作りしたソーセージはとっても美味しかったです。

野焼きパン

10月26日(金)に全園児で野焼きパンを作りました。

朝、先生たちが作ったパン生地を細長く伸ばして、竹の棒に巻き付け、炭火で焼きます。

 

年長組さんが、頑張って炭に火をつけて火おこしをしてくれたかまどで、シチューを作りました。

シチューに入れる野菜は年少、年中、満3歳児の子ども達も一緒にみんなで切りました。

みんなで力を合わせて作ったシチューと、暑い中頑張って焼いたパンはとてもおいしかったです。

運動会

10月8日(月)に運動会を行いました。

予定していた6日は雨天のため、8日に延期しての実施でしたが、お天気に恵まれ、子どもたちもご家族の皆さまと一緒に運動会を楽しむことができました。

            

ご参加くださいました皆さま、ご協力ただきありがとうございました。

2学期が始まってから、「運動会ごっこ」として、組体操やダンス、リレー、かけっこや高下駄などに取り組んできました。この「運動会ごっこ」を通して、勝つ嬉しさや負ける悔しさを味わい、友だちと協力したり、それぞれの得意、不得意を生かして補い合ったりする姿が見られました。

運動会を通して、一回り大きく成長した子どもたちが、また今年度の後半どのような姿を見させてくれるのか楽しみです。

流しそうめん

9月11日(火)に、全園児で流しそうめんをしました。

そうめんだけでなく、すまきやミニトマト、キュウリにオクラ、チーズを流しました。

流れてくるそうめんや具材を、頑張ってお箸で取って、食べました。

デザートには、ぶどうや缶詰のフルーツ、ゼリー、グミ、マシュマロも流し、みんなでお腹いっぱい食べました。

 

 

プール・水遊び

暑い日が続いています。

1学期の後半は、子どもたちの大好きなプールが園庭に設置され、水遊びを楽しみました。

はじめは、顔に水がかかるのが嫌だったり、もぐるのを怖がっていた子どももいましたが、お友達と一緒にプールで遊ぶことを楽しめるようになってきました。

 

ひばり組(年長)とめだか組(年中)のお友達は、最後にはみんなで手をつないで、浮くこともできるようになりました。

幼稚園は20日に終園式が行われ、夏休みになりました。夏休みの間も安全に気をつけて、子どもたちがこの季節にしかできない体験を積み重ねて行って欲しいと願っています。

野菜の収穫&料理

春にそれぞれのクラスで植えていた野菜が、夏になり、収穫できるくらいに育ちました。

ひばり組(年長)さんはトウモロコシ・オクラ・スイカ・トマト。

  

  

めだか組(年中)さんはキュウリ・枝豆・ナス。

 

つくし組(年少)さんは枝豆・トマト。

収穫した野菜は料理して、みんなで美味しくいただきました。

ちょっと苦手な野菜もみんなで作ったら、おいしく感じるようでした。